2019.8.27(火)トレード戦略配信

FX

スポンサードリンク



タイアップレポート無料プレゼント中!

よい手法を使いこなすためには、自分で検証、改善、活用していく力が必要です!!
「検証を極めて分析力を高める、エクセル検証レポート」無料プレゼント中

こんにちは、あっこ(@fxakko717)です。

8月27日トレード戦略配信です。

 

この記事は、2019.8.27(火)のLINE@配信文に加筆修正して転載したものです。リアルタイムで受け取りたい方はLINE@へご登録ください。

 

週足

 

週足です。

昨日は水平線でサポートされ、そこから大きく上昇していきました。
週足では、下降トレンドです。

 

日足

 

日足です。

昨日の上昇は、ちょうど日足のミドルバンドまでで止まっています。
ここで反発して下がってくるのなら、下降トレンド継続です。

直近安値まで130pips以上あるので、ここからショートを狙っていくのは十分可能だと思います。

 

1H

 

続いて1H足です。

青いボリンジャーバンドが4Hのボリンジャーバンドになります。

1Hでは欧州からミドルバンドを抜けたので、いったんレンジ入り。
レンジ上限+2σタッチと、4Hミドルバンドがちょうど重なって、レジスタンスになっています。

大きい時間足では、下降トレンドなので、ここからのショートを狙っていける局面でした。

また、ピンクの水平線、これが前回のレンジのレンジ下限です。ちょうどロールリバーサル(サポレジ転換)になっています。

 

15M

 

続いて、15M足、ボリンジャーバンドスクイーズでレンジでしたので、レンジ上限からのショート場面でした。

(LINE@のメッセージを作成している間に下がってきましたね。)

今朝、入るとするならば、こんな感じで長期足下降トレンド、短期足レンジ上限からのショートの戦略がとれたかと思います。

これが、どこまで下がるのか。
要人発言やなにか突発的な材料で、吹き上げるようなこともありますので、ご注意ください。

基本的に私は20~30pips伸びたら、一部は利確して、そのあとどうなっても”損”にはならないようなトレードをしています。
ご参考になれば幸いです。

 

この記事は、2019.8.27(火)のLINE@配信文に加筆修正して転載したものです。リアルタイムで受け取りたい方はLINE@へご登録ください。

スポンサードリンク