世界一わかりやすい、FX初心者のFX講座

FX初心者

収益記録

2017年合計  +715,015円
2018年合計       +814,493円

スポンサードリンク



普通の専業主婦からFXトレーダーに転身しました、あっこ(@fxakko717)です。

 

FXを初めてみたい!

  • 自宅で、PC1台で、場合によってはスマホ1台でお金が稼げる?
  • 主婦でも月収100万円??

このような情報からFXに興味を持たれる方も多いと思います。

 

 

こちらの記事でもFX初心者の方へ、FXの始め方を紹介させていただきましたが、FX初心者本を買ってみたけれど、すぐに眠くなって頭に入らないとか←

イマイチどうしたらいいのかよくわからない方へ、世界一わかりやすくFXの仕組みから稼ぎ方まで具体的に説明していこうと思います。

もうFX初心者本買わなくていいから、これ読んで!!

 

というわけで、今回は皆さんと一緒にFXを始めたいという言っている仲間がいますのでご紹介します。

 

あっこ
とりあえず、ブタ!よろしく。
ブタ
ブタって呼び方やめてもらえません?もっといい呼び方あるでしょ?僕みたいなイケメンブタなかなか居ませんよ?
あっこ
は?口ごたえするとムチで縛るけど?
ブタ
ひーーーーーーん、ごめんなさい~。あっこ様~。

 

スポンサードリンク



 

Contents

FX初心者のFX講座①FXって何?

 

FXとは、Foreign Exchange の略で、外国為替証拠金取引の事です。

FX証券会社に証拠金を預けて、それ以上の大きな金額の取引をする事が出来ます。

ドルやユーロなどの外国通貨を売買してその差益を得る事を目的とした金融商品です。

 

ブタ
自分の円をFX証券会社に入金して、それで、ドルやユーロを買って取引するんですね。
あっこ
買うだけじゃなくって、「売り」から取引を始める事も出来るよ。詳しくは後述するね。

 

 

FX初心者のFX講座②FXで稼ぐには?

 

FXで稼ぐには、為替差益で稼ぐ方法と各国の金利差(スワップポイント)で稼ぐ方法の2種類があります。

為替差益で稼ぐとは?

為替レートは日々変動し、円高になったり円安になったりしています。

例えば、1ドル100円でドルを購入し、1ドル150円でドルを売ります。この価格差で出した利益を為替差益と言います。

もちろん、為替差損も発生する可能性がありますね。

金利差(スワップポイント)でも稼げる?

次に金利差(スワップポイント)について。

金利差とは、各国の通貨の金利の差で、スワップポイントとも呼ばれます。

日本は低金利通貨なので、このような金利の低い通貨を売って、金利の高い通貨を買う事で、その金利の差額を受け取る事が出来ます。

例えば日本の金利が0.1%、豪ドルの金利が1.5%とすると、その差の1.4%が金利差益です。

逆に豪ドルの売りポジションを持ちこしている場合は、-1.4%の金利差損が発生します。

 

ブタ
と言う事は、難しい分析なんかしてトレードしなくても、豪ドル買ってずっと保有しとけばいいって事ですか?くくくっ
あっこ
もちろん、そういうトレード手法もあって、スワップポイントだけで稼いでいくっていう事をしている人もいるんだけど、スワップポイントなんて、為替差益に比べたら微々たるものだし、万が一保有中に大暴落でもしたら、その含み損を抱える資金の余裕がなければ、強制ロスカットで、資金を失う事になるね。
ブタ
えっ、、、
あっこ
だから、スワップで稼ぐようなトレードをする人は、資金管理とポジション管理をしっかりやっていかないと、生き残れない。楽して稼げるなんてないんだよ。

 

FX初心者のFX講座③24時間動く為替市場

 

FXの為替市場は世界各国の昼の時間を連動させる事で、24時間取引が可能となっています。

しかし、単に24時間と捉えるのではなく、各国の市場に合わせて値動きの癖や特徴が違います。

市場の切り替わりの時間帯は、取引が薄くなり価格が一度落ち着いたり、市場が始まる時間に合わせて大きく動き出したりもします。

また、日本時間の6時(冬時間は7時)前後には、日処理と言って、日付変更の手続きが行われるため、各証券会社がメンテナンスの時間をとっています。

この時間をまたいでポジションを持っていると、保有通貨の金利差によるスワップポイントが発生します。

ブタ
という事は、日処理が始まる少し前にポジションを持って、日処理が終わったらポジションを手放せば、スワップポイントだけいただけますね。くくくっ。
あっこ
もちろん、それでスワップポイントはもらえるよ。だけどさっきも言ったように、スワップポイントなんて為替差に比べたら微々たるものだから、自分が使っている証券会社がメンテナンス中でも相場は動いているのね。その間に万が一暴騰暴落があったら、スワップの利益なんて一気に吹っ飛ぶどころか最悪ロスカットくらうねw
ブタ
はぁ、また撃沈、、、
あっこ
楽して稼ごうとし過ぎ!そんなんで稼げるんだったら今頃皆億万長者だから。アホなの?取りあえず茶碗洗っといて!!
ブタ
チクショーーーーー

 

あっこがトレードしているのは東京時間

 

ちなみに、私がいつも私がポジションを取る時間は、日処理後から東京開始時間までの間です。

値動きが薄く安定している時間にポジションを取る事で、損切を小さく設定する事が出来ています。

損切が小さい事で、勝率が悪くてもトータルで利が残るトレードの組み立てが可能です。

 

 

FX初心者のFX講座④レバレッジって何?

 

FXを始めるにあたってしっかり理解していただきたいのがこのレバレッジです。

レバレッジとは「テコの原理」のように、小さい金額で大きな金額の取引が出来るシステムの事です。

FXの最大の魅力であり、危険な部分でもあると言えます。

しっかりと理解して上手に使う事で、レバレッジは強い味方になってくれます。が、使い方を間違えると破産まで一直線。

大事な部分なので、しっかりと説明していきます。

 

証券会社に入金したお金は取引証拠金

 

証券会社に入金したお金は取引の担保です。

この金額にレバレッジをかけて実際にトレードしていきます。

 

そこで利益が出れば、その利益金額分だけ証拠金残高に追加され、損失が出た場合は、証拠金残高より差し引かれます。

 

利益も大きくなるけど、損失も大きくなる

 

10万円の証拠金を入金して、レバレッジを10倍にすると、100万円分のポジションを持つことができます。

10倍の取引をしているので、利益も10倍になりますが、損失も10倍になります。

 

日本の証券会社だと今はレバレッジ25倍まで利用可能です。

10万円の証拠金で250万円分の取引が出来ます。

 

これを踏まえて、ポジションのとり方、リスクの抑え方、必要な証拠金などは後述しますね。

 

 

FX初心者のFX講座⑤

 

FXにかかる取引手数料は「0円!!」と、証券会社の案内で、見かけた事があるかと思いますが、ここには注意が必要です。

手数料は確かに「0円」ではあるのですが、「売り」と「買い」の価格に「スプレッド」という価格差がつけられています。

国内口座だと、ドル円の場合は、0.3pipsという差が一般的です。

ポジションをとった瞬間、上にも下にも動かなければ、0.3pips分の損失を抱えている状態になると言う事です。

つまり、この0.3pips分取り返さなくては、利益を出せないので、これが取引手数料の代わりにトレードする度、証券会社へ支払っていると言う事になります。

 

スプレッドについて詳しく説明します

スプレッドとは上記したように、「売り」と「買い」の価格差の事です。

 

 

DMMFXのスマホアプリのレート部分の画像です。

 

 

「売り」の価格が「112.384」の時、「買い」の価格は「112.387」となっています。

画像中央に小さい〇で「0.3」とありますが、これが今のスプレッドです。

このスプレッドは、朝の日処理直後や、NY市場での指標発表で大きくレートが動き時などは、1.5pipsや3pipsと大きく差が開く事があります。

ですから、こういったタイミングでトレードすると、いつもよりも損切を多くとらなくてはいけない事になってしまうので、オススメできません。

 

ちなみに海外口座だとこのスプレッドはさらに大きくなります。

私が使っている海外口座AXIORYは海外口座の中で、スプレッドは最狭ですが、それでも1.4pipsあります。

 

 

 

これがAXIORYのレート部分の画像です。

 

つまり、1.4pipsの価格差があると言う事は、ポジションを持ったところから、1.4pips以上自分の方向へ動かなければ利益を出せないという事ですね。

 

 

FX初心者のFX講座⑥忘れちゃいけないロスカット

 

FXでは、証拠金以上の損失が出ないように強制ロスカットという仕組みが用意されています。

保有しているポジションの含み損が大きくなりすぎた時に、強制的にポジションを決済されてしまうシステムです。

具体的には、各証券会社ごとに決められた証拠金維持率の水準を下回った時に決済されます。

 

証拠金維持率とは

 

30万円の証拠金を入金したとします。

1Lotあたりのポジション必要証拠金※を5万円

ポジションを5Lot(5万通貨)持ったとします。ポジション必要証拠金は5Lot×5万円=25万円。(この時点で利益も損失もなし)

※必要証拠金は各証券会社によって多少金額に差があります。今のレートだとドル円でおよそ5万円弱です。

 

この場合の証拠金維持率は、120%となります。

 

買ったところから、5円の値下がりがありました。

すると、1Lotあたりのポジション損失額が-5万円になります。

5Lot保有しているので、この場合は-25万円の含み損を保有しているという状態です。

 

この時の証拠金維持率は、60%。

 

DMMFXの場合は、マージンコールと言って、「そろそろ証拠金ヤバいですよ~、証拠金を追加入金(追証)するか、ポジションを損切して整理してください~。」って通知が来ます。

さらにここからまた価格が下落して、証拠金維持率が50%を下回った場合、強制ロスカットが行われ、ポジションが決済されて、含み損が損失確定となり、証拠金から差し引かれます。

 

ブタ
あっこさん、とりあえず、仕組みはわかったんだけど、いちいち証拠金維持率なんて計算できないよ~。分数苦手なんで。
あっこ
まぁ、ブタの頭じゃムリよねwww

大丈夫、証拠金維持率は証券会社が勝手に計算して表示してくれているから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左からDMMFX 、 SBI 、AXIORY(海外口座) のスマホアプリ画面です。

それぞれに証拠金維持率を確認する場所がありますね。

また、これらは資金管理をきちんとしていく事で、普段は特に気にすることなくトレードできます。

私も証拠金維持率を見る事はまずないです。

証拠金維持率を確認してハラハラ、ドキドキするようなトレードをしている人は、資金管理が出来て居ないですし、まず常勝トレーダーにはなれないでしょうね。

 

FX初心者のFX講座⑦資金管理

 

先ほど書きました資金管理について、説明していきます。

FXはまずこの資金管理が何よりも大事です!!

ただ、残念ながらこれについて書かれている初心者本は見かけた事がありません。

そのせいで、資金管理を学ばずに安易にトレードを始めてしまう初心者さんが多いです。

テクニカルや、エントリー手法を学ぶ前にまずは資金管理!!

 

FXのトレード単位と証拠金

 

まず、FXのトレードの単位と必要な証拠金について説明します。

トレードの量は「通貨」もしくは「Lot(ロット)」という単位を使って表現します。

 

「Lot」については、大変ややこしいのですが、証券会社によって、1Lotが1万通貨のところもあれば、1000通貨のところもあります。

ので、色んな証券会社を同時利用する場合など、数量の入力間違いには注意してください。

私も以前、30万通貨でトレードしようとして、3万通貨で入っちゃったというミスをしたことがあります。

少ない分には追加で入ればいいですが、間違えて100万通貨入っちゃった時には、冷や汗でしたね。

 

最小トレード通貨量はFX証券会社によって違いますが、ほとんどの証券会社は1000通貨もしくは、1万通貨からトレードが可能です。

SBIのみ、なんと1通貨からトレードが可能になっています。

ので、デモトレードアプリがないSBIですが、リアル口座で練習しても、1通貨なら危ない事はありません。

バーチャルのお金でトレードするのと、例え100円でも自分のお金を使ってトレードするのとでは、感情の動き方が全然違うので、少額からリアルトレードが出来るSBIは、そういった意味でもおすすめです。

 

 

取引量に対する証拠金の金額ですが、だいたい1万通貨あたり、4万円~5万円です。

それぞれの会社によって多少違うのと、為替レートによっても変動します。

だいたい、5万円と思って計算しておくといいです。

 

資金管理ってどうやるの?

 

さて、ここからが大事な資金管理についてです。

先ほど、1万通貨あたり5万円の証拠金が必要と書きましたが、だからと言って、5万円入金して、1万通貨トレードするというわけにはいきません。

資金がギリギリすぎます。

これでは、1度損切になったら、もうポジションを持てなくなってしまいますね。

ですので、初心者のうちはある程度連敗しても大丈夫なように10万円で1万通貨くらいで余裕を持ってトレードしてください。

これだと仮に損切-10pipsでトレードしても1万通貨で-10pips=1000円 なので、50回負けても1万通貨でトレードをし続ける事ができますね。

 

初心者を抜けたら、もう少しステップアップしてポジション量は増やしていいと思います。では、どうやって決めるのか?

1回のトレードで設定する損切幅によって決めるのがいいと思います。

つまり、資金の何%までリスク(損切)をとって、どこまでのリターン(利確)を目指すのかと言う事です。

10万円の証拠金に対して、1回の損切が1万円だと資金の10%のリスクをとっている事になります。

最初はリスクは2%くらいにして置くのがいいと思います。

 

 

後は経験を積んで、どれだけの勝率を出せるかによって許容できるリスクは変わっていきますね。

バルサラの破産確率表というものがあります。今はイメージしにくいかもしれませんが、FXへの理解が深まったらこういった事も意識して、『トレード全体でのバランスを整える』と言う事をしてみてください。

 

バルサラの破産確率表について詳しくはこちら

FXトレードにおけるリスクリワードレシオと勝率の関係

 

FX初心者のFX講座⑦FXを始めるための準備をしよう

 

もう知識はこの辺でいいです。

要するに安く買って、高く売る。他の投資と同じですよね。

そこにレバレッジをかけられるので、自分の資金量よりも多い金額の取引ができるよって事です。

 

FXを始めるための準備①口座開設

FXは知識を詰め込むより、実践しながら、体で覚えていくものです。

 

実際にトレードしてみる(稼げなくてもいい)。

注文の出し方、損切の仕方、利確の経験。頭の中で知識を詰め込むだけではできません。

 

そのために、まずは口座開設をしてしまいましょう。口座開設だけならリスクはありませんので大丈夫です。安心してくださいね。

 

ブタ
僕もさっそく口座開設したいんだけど、どこの証券会社を使ったらいいですか?
あっこ
うん。初心者の方はまずは国内口座の証券会社がいいよ。私のオススメは断然SBIなんだけど、ここはちょっとチャートは見にくいの。なので、初めての口座開設はDMMFXをオススメしてます。こちらはチャートの見やすいし、アプリが操作しやすくていいですね。口座開設だけなら無料なので、出来れば2つやっちゃっうのが一番いいんだけどね。
ブタ
ふーん、じゃぁ両方申し込みしてみますー!
あっこ
うん。あとDMMFXには、デモアプリがあるので、まずはそれを使ってトレードの練習をしていきましょう。いきなりお金かけてトレードしちゃだめだよ!

 

 

FXを始めるための準備②MT4の設定をしよう

 

MT4とは、MetaQuotes Software社が開発したFXやCFDを取引するためのソフトで、正式にはMetaTrader4と言います。

チャート機能に優れ、インジケーター(テクニカル指標)の種類が豊富。自分で開発したインジケーターを組み込む事も可能です。

MT4は主に、PCでの検証作業に使います。

スマホのチャートだど、遡れる期間に限界があるし、さすがに検証作業はしにくいですねw

というわけで、まずはお手持ちのPCにMT4をダウンロードしてください。

 

 

インディケータ―

上記に出てきました、インディケーターとは何でしょうか?

インディケーターとは相場の動きをわかりやすく分析するための手段で、トレンド系とオシレーター系に分かれています。

トレンド系インディケーターは、相場の方向性を分析するのに使用します。

対して、オシレーター系インディケーターは「買われすぎ」「売られすぎ」を分析するのに使用します。

このインディケーターは、独自に開発する事もでき、今では数えきれないほどのインディケーターがありますので、いくつか有名なものだけを紹介します。

 

≪トレンド系≫

移動平均線(MovingAverage)

緑と青ラインが移動平均線と言われるものです。

数値は自分で自由に設定できます。図は、緑が数値20の短期移動平均線、青が数値50の長期移動平均線としています。

判断基準としては、

  • 長期移動平均線を短期移動平均線が上抜いたら(ゴールデンクロス)買い
  • 長期移動平均線を短期移動平均線が下抜いたら(デットクロス)売り

です。

さらに、そこから、それぞれの移動平均線に押し目、戻しをつけにくるので、そこを基準に押し目買いや戻し売りを狙っていく事ができます。

 

ボリンジャーバンド(BollingerBands)

 

ボリンジャーバンド数値20で表示しました。

  • ミドルバンド:真ん中のオレンジのバンド
  • ±1σバンド:青のバンド この中に価格が収まる確率は68.3%
  • ±2σバンド:緑のバンド この中に価格が収まる確率は95.5%
  • ±3σバンド:オレンジのバンド この中に価格が収まる確率は99.7%

と、されています。

使い方としては、ボリンジャーの傾きで相場の方向を判断できます。

ミドルバンドタッチの押し目買い、戻し売り。

±3σバンドタッチでの逆張り。

 

ボリンジャーバンドは皆さんご存知の通り、私も仕様しています。

基本順張りで使用しています。

 

≪オシレーター系≫

RSI

 

チャートの下側、水色のラインで表示されているのが、RSIです。

  • 75%以上で買われすぎ→売りサイン
  • 30%以下で売られすぎ→買いサイン

として、見る事ができます。赤の縦ラインが売りサイン、買いサインの出ているところです。

 

山ほどある、インディケーター。

初心者の方の中には、このインディケーターに頼り過ぎて、あれもこれも出し過ぎてしまっている人もいますが、インディケーターはあくまで参考です。

過去のろうそく足から計算して表示されていく以上、今作られているろうそく足よりもサインが遅れてしまいます。

また、完璧なインディケーターなんてありません!!

ここの捉え方を間違って、聖杯探しのように、完璧なインディケーター探しをし始める人がいますが、はっきり言って、迷ったり、混乱するくらいなら、インディケーターなんて要りません!!!!

私がボリンジャーバンドを表示させている理由は、難しい分析をするためでもなく、完璧なサインを探しているわけでもなく、パッと見た時に「売り」か「買い」か「見送り」かの判断が出来るからです。

なので、表示させるとしたら、ボリンジャーバンドや、移動平均線のようなトレンド系のインディケーターを1つで十分です。

 

スポンサードリンク



 

FX初心者のFX講座⑧FXトレードをしてみよう

ブタ
あっこさん、僕もこれで立派なFXトレーダーですね。さっそくポチッと♪
あっこ
はっ?もうトレードしてんの?それ、リアル口座でしょ?
ブタ
うわぁ、思ってたのと逆行ったーーーーーーー
あっこ
そんなの当たり前でしょ!本当バカなの?今すぐ全部損切!!!ついでにムチの刑!!!勝手な事しないで!!
ブタ
くっそーーーーーーー

 

FXトレードをしてみよう①デモトレードでトレードをしてみる

 

ブタがいきなりリアルトレードでやらかしてましたけど、皆さんはデモトレードから始めてくださいね。

デモ!!ですよ。デモ!!!!

もしくは、SBIを使いたい方は、1通貨、100通貨の少額でトレードしてみてください。

ただし!このお金は無くなるものだと思って、余裕資金のさらに余裕資金で。無くなってもいいお金でやってくださいね。

1通貨、100通貨であれば、1万円でも充分トレード出来ますので。

 

FXトレードをしてみよう②色々な注文の出し方操作を覚える

まずは、トレードで稼ぐぞっ!というよりは、トレードをしながら操作を覚えるぞっ!と思ってください。

注文の出し方だけでも色々種類があります。

頭で覚えてもすぐ忘れてしまうので、実際にトレードをしながら覚えていくのがいいです。

成行注文

クイック注文、スピード注文ともいわれます。現在の市場の価格で注文を出す方法です。注文と同時にポジションが約定します。

指値注文、逆指値注文

指定したレートに到達した時点で、自動的に注文が約定する注文方法です。

今のレートより有利なレートを指定して注文するのが『指値注文』
今のレートより不利なレートを指定して注文するのが『逆指値注文』です。


 

OCO(オー・シー・オー)注文

指値、逆指値の2つの注文を同時に出しておき、どちらかが約定すると、もう一方は自動的にキャンセルされる注文方法です。

現在のレート1ドル100円  1ドル80円になったら買う指値注文
1ドル120円になったら買う指値注文 これを2つ同時に出しておく

クイック(成行注文)+OCO

現在のレートで成行注文と同時に、指値注文(利確)、逆指値(損切)の注文を出してくれる注文方法です。これは私が使っている注文方法でもあります。

SBIのアプリ画面です。上の方の益出し、損だしに数字が入力されているのが見えると思います。
SBIの場合は、ここに利確幅と損切幅を設定しておくと、成行注文をした時に自動的にOCOの利確、損切注文を入れてくれます。
この機能はある証券会社とない証券会社がありますが、あった方がいいです。
この機能があると、後で設定する手間が省けるので、万が一損切を入れ忘れるなんて事もありません。

IFDONE(イフダン)注文

新規指値注文が成立したら、決済注文を自動的に入れるという注文方法です。

 

IFDONE+OCO注文

新規指値注文が成立したら、利確の指値注文、損切の逆指値注文を自動的に入れるという注文方法です。上記したIFDONE注文だけでは、損切の注文が入らないので、こちらを使うようにしましょう。

 

FXトレードをしてみよう③自分のしたいトレードスタイルを考える

 

さて、この辺からそろそろ『稼ぐFX』をするための準備をしていきましょう。

まずは、トレードスタイルについて考えて見ます。

FXにはさまざまなトレードスタイルがあります。

それぞれメリット、デメリットもあるし、ご自身の生活や性格によっても、合う合わないがあります。

どれが正解と言う事はなく、どれだから稼げるとか稼げないなんて事もありません。全ては扱う自分次第だと言う事です。

 

トレードスタイルによって、学ばなければいけない事も変わってきます。

最短で結果を出していくために、まず自分がどんなスタイルでトレードしていくか、中長期保有のスウィングトレードなのか、1日完結のデイトレードなのか、短時間で結果を出すスキャルピングなのか、大きく分けてもこの3種類があります。

まずはトレードスタイルの作り方についてこちらにまとめてありますので、読んで取り組んでみてください。

まずここにしっかり取り組む事で、初心者が陥りがちな罠にはまらずにすみます。

初心者が陥りがちな罠についてはこちら

その強烈SMプレイ、もう終わりにしたら?

トレードスタイルについて、参考記事はこちら

 

FXトレードをしてみよう④トレードの基準を作り自分の手法を作り上げる

ここからは優位性のあるトレードルールをしっかり作り上げていきましょう。

まずはどんなスタイルでトレードするかは決まりましたか?

それを基準に、ネット検索などで真似っこしたいFXトレーダーや、手法を見つけてください。

全てを「0」から作り上げるのは難しいです。今はネットに沢山情報があるので、真似したいスタイルの人を見つけて研究してみたらいいと思います。

トレードの判断基準を1つ持つ

まっさらなチャートです。これだと売ったらいいのか買ったらいいの判断基準がなくわかりにくいです。

ここに何か1つ判断基準をつけ足して見ましょう。

判断基準にするのは「インディケータ―」もしくは、水平線、トレンドライン、ろうそく足のプライスアクションなどがあります。

私がおすすめするのはボリンジャーバンドか移動平均線です。初心者の方は移動平均線の方が単純で見やすいと思います。

 

これを表示させるだけで、売ればいいのか買えばいいのかわかりやすくなりますね。

このチャートを見て、買いたい人はいないと思うのですかが、、、いかがでしょうか?

 

コンサルを受けたり、レポートを購入してみる

初心者が0からすべてを作り上げるのは難しいです。

まず、ルールをどう作り上げたらいいのか、何を見たらいいのかもわからないと思います。

ので、ネット検索で情報を探して、それを真似してみるのがまず1つ目の手段です。

どういったルールで入ればいいのか、なんとなくわかってくると思います。

さらに、時間を短縮して早く結果を出すためには、自己投資が一番だと私は思っています。

コンサルを受けたり、レポートを購入してみてください。

無料で公開している情報よりも、当たり前ですがよい情報が手に入ります。

しかし、詐欺的な高額商材や、コンサルタントもいるようですので、ここは注意が必要ですね。まずは、ブログをよく読むなどして信頼できるかどうか判断していってください。

 

FXトレードをしてみよう⑤検証で手法の優位性を確認する

 

なんとなく手法の大枠が出来たら、それをもとに過去チャートで検証していきます。

検証については別記事で詳しく説明しているのでご覧ください。

 

 

検証をする事で優位性を確認します。

またトレードパフォーマンスを確認してください。勝率100%なんてありません!!

初心者さんが勘違いしがちなポイントとして、1回1回のトレードで勝ちにいってしまうという事があります。

トレードというのは、1回1回のトレードは重要ではなく、『トータルでどう利益を残していくか』がとても大事です。

1年、1か月という枠でトレードを捉えるためにも、検証を通して、負けるトレードがあっても大丈夫なんだと言う事をまずは頭で確認してください。

 

FXトレードをしてみよう⑥ルールを固めよう

検証結果を受けて、ルールを明確にしましょう。

最初から完璧には出来ません。まずは今の段階での出来る範囲で大丈夫です。「こういうルールでトレードする」というのを決めて、紙に書いてみてください。

いよいよ次からトレードをしていきますが、実際にトレードをしてみると、判断に迷ったり、ルールが曖昧、わかりにくいなと感じる事があります。

その時はまた随時、ルールを変更したり、追加したりしてください。

場合によっては、また検証作業に戻ります。この繰り返しで、自分と一緒に手法も育てていきます。

 

 

FXトレードをしてみよう⑥トレードをしよう!!

 

さて、ここまで来たらいよいよトレードです。

もちろん、デモ!!もしくは、少額でのトレードにしてください。

ここまでの手順で作り上げたルールをもとに実際にトレードしていきます。

検証で判断するのと、リアルタイムで判断していくのとでは当たり前ですが勝手が違う事に気づけると思います。

また少額とはいえ、実際に自分のお金が増えたり減ったりすることで、感情が揺さぶられるのもわかると思います。

それでも『ルールを守り抜いてトレードする』これを徹底してください。

 

FXで大事なのは、実は手法ではありません。どんな方法でも稼げます。

では、なぜ多くの人は稼げないのか??

  • 『明確なルールがない』
  • 『ルールが守り抜けない』

これが原因です。

テクニカルとか、知識が足りないとかそんなことに逃げがちですが、実は原因は自分です。

FXは自分との戦いです。

 

FXトレードをしてみよう⑦トータルで利が残ったら後は淡々と

 

トレードでの練習を重ね、ルールを守れるようになり、トータルで利益が残るという経験が出来たあなた!!

おめでとうございます!!!!

後は、淡々とこれを続けるだけ。

 

FXの最大の魅力の1つは、「1万通貨でも、100万通貨でもやる事は同じ」だと言う事です。

月1万円稼ぐのも、月100万円稼ぐのも労力は同じです。

凄い事ですよね!!

 

ここまで来たら後は資金量に合わせて、少しずつLotを上げていってください。

Lotを上げると少しずつメンタルに負荷がかかってきます。

これを私は自分が扱える金額の器だと思っています。

この器をじわじわと負荷をかけながら広げていきます。扱える金額を大きくします。

大きくするペースは人それぞれ、器の大きさが違うので、自分自身と会話しながら、上げていってください。

きついなと思ったら、下げてもいいんです。無理をしないでくださいね。

 

また、この負荷のかけ方を間違って、メンタル崩壊してしまう人がいます。

メンタル崩壊するとどうなるか?

ルール違反をして、熱くなって感情トレードをして損失を膨らまします。

ちょっとくらいなら、また冷静さをとりもどして、コツコツやりなおせばいいのですが、たったこの1回の乱れで、すべてのお金をとばしてしまうような人もします。

ですから、熱くなってしまった時は一度相場から離れて、自分が冷静に出来る金額からトレードを再スタートしてみてください。

 

FXトレードをしてみよう⑧トレーダーの仕事は資金を守る事

 

トレーダーにとって一番大事な仕事は資金を守る事です。

資金さえ守り抜けば、いつでも相場に挑戦し続ける事が出来ます。

利益を取りにいこうと思うと、つい熱くなってしまって、感情に支配されてしまいます。

ただルール通りのトレードを続けながら資金を守る事を徹底する。

そうする事で利益は勝手に残ります!!

利益を取りに行かないでください。勝手に最後に残ってます!!

スポンサードリンク