トレード時間は一日たった5分!あっこがチャートに張り付かないトレードスタイルにたどりつくまでにやってきたこと

FX

スポンサードリンク



タイアップレポート無料プレゼント中!

よい手法を使いこなすためには、自分で検証、改善、活用していく力が必要です!!
「検証を極めて分析力を高める、エクセル検証レポート」無料プレゼント中

こんにちは、あっこ(@fxakko717)です。

 

私が一日のトレードに使う時間は、1日5分程度です。

ですが、ここにたどりつくまでには、チャートの研究に一日中時間を使って努力してきました。

そして、今も、日々のトレードの記録をとったり、振り返り改善、検証などには一日数時間単位で時間を使います。

 

今私ができる”ベスト”なトレードスタイルで戦いながらも、”より良く”していくための学びを続けています。

 

 

 

今日は、私が1日5分のトレードスタイルにたどりつくまでにやってきたことをお話します。

ぜひ皆さんのトレードに活かしてくださいね ^^

 

エントリーする形を決める

 

私は、自分の得意なエントリーのパターン(形)をいくつか持っています。

そのパターンが来た時だけ、エントリー。

それ以外のことはわかりませんーっていうスタイルです。

 

「時々、ドル円ここからどうなりますか?」

というような質問をいただくことがありますが、、、私にはわかりません。

 

私にわかるのは、自分のパターンが来た時に、ここでエントリーするよってことだけです。

 

トレード時間を絞った

 

エントリーする時間を絞っています。

最近は、朝か夕方。

相場の動き出しの時間を狙ってエントリーしているのではりついているわけではありません。

 

 

時間の癖を把握しておくことで、ずっと見張っていなくても、時間が来たらスマホでチャートをチェック。

エントリーする形になっていたら、タイミングをはかり、そうでなければチャートを閉じます。

 

たまに「ドル円凄い動きましたねー」ってメッセージいただくことがあるのですが、

NY時間だったりすると、そもそもチャートすら見ていないので、お祭り騒ぎに気付いてもいません(笑)

 

チャートを印刷して書き込む

 

私は、自分のエントリーパターンを体にしみこませるためにチャートを印刷して書き込む作業をやってます。

エントリーするパターン(形)が決まっているので、そのパターン(形)が現れた時に、迷わず入れるように。

沢山のチャートを見たらわかりますが、同じチャートパターンって何度も現れます。

(もしも、わからないよって方がいたら、チャートを見る質と量が足りないのかも知れません。真剣みを持って何度も見てみてくださいね。)

 

私は、同じ1年分のチャートを5回~10回くらいは、印刷して書き込む作業してます。

同じトレードルール、同じチャートでやるのだから、同じところでエントリーという書き込みができてないとおかしいです。

このくらいやると、嫌でもチャートを覚えます。

このくらいやってからFT3やったりすると、勝率100%になります。覚えちゃってるから(笑)

 

今は監視通貨が増えたので、もっと訓練していきたいなと思ってます。

 

エクセルでのデータ集計

 

エクセルでのデータもずっと取り続けています。

パフォーマンスの分析をすることで、今のトレードスタイルが相場と合っているかどうか監視し居続けています。

必要があれば微調整します。

 

合わせて読みたいエクセル記事一覧

➡ エクセルシートを使ったFX検証方法!的確な分析で結果に繋げる3つのポイント

➡検証データはとっただけでは意味がない!パフォーマンス改善につなげる検証データの活かし方

➡ 勝率の上げ方、パソコン苦手エクセルが良く分からなくても出来る検証方法

➡ FXトレード記録からエクセルでパフォーマンス分析する

➡ FXで稼ぐために検証作業で私が大切にしているたった1つの事

 

初心者FXトレーダー、稼げていないFXトレーダーの多くは、

  • 検証をしていない
  • 正しい検証の仕方をわかっていない

事が原因で結果が出てないです。

正しい検証方法を知ることは、稼ぐための第一歩です。

 

▼▼タイアップレポート「検証を極めて分析力を高める、エクセル検証レポート」はこちら▼▼

➡ 【今だけ!タイアップレポートプレゼント】初心者にも使いやすい口座開設ならFXブロードネット

 

手法ばかりがあちこちで売られていますが、本当に大事なのは、手法ではなく検証力です。

どんなによい手法を手にいれても、自分で検証、改善、活用していく力がなければ、その手法は機能しません。

「検証を極めて分析力を高める、エクセル検証レポート」では、トレードで一番大事な、検証力、データ分析力を鍛えるため、私が実際に使っているエクセルシートをもとにデータの集め方、検証のしかた、分析のしかたについて説明しています。

 

まとめ

 

 

エントリーは、すでに決まっていることをただするだけの状態なので、そこに時間を使って悩むことはありません。

利確と損切は指値でいれてしまいます。

場合によっては小ロットでスイング玉を持つこともありますが、基本的には放置でたまにチェックする程度、このためにチャートを監視することはありません。

 

ですが、トレードの振り返りをしたり、データ入力をしたり、検証したり、チャートに書き込んだり、エントリーとは直接関係ないところでの、トレードに関する作業には時間を使っています。

トレードには直接関係ない、地味でコツコツした作業こそが一番大事だと思っています。

 

スポンサードリンク