FXトレードルールの作り方、やめるという条件付けはあり?

FX

スポンサードリンク



こんにちは、あっこ(@fxakko717)です。

 

LINE@ご登録いただいた皆さん、ありがとうございます!

メッセージも届いていて、皆さんからの応援とても力になっています。

 

さて、さっそく質問をいただいたので、お答えしますね。

 

 

Wさん

検証を相変わらずやっています。

そこで質問ですが、その手法でやると月のトータルがマイナスになる時もあります。

ですが、例えば月40Pipsとれた時点でその月のトレードをやめる、という条件を加えれば、まだ完璧とは言えませんが大体40Pipsはとれます。

だから、その条件にするということは、あっこさんの中では有りだと思われますか?

 

あっこ

Wさん、ありがとうございます。

手法が出来上がるまでの道のりは、まさに暗中模索。本当に稼げるようになるのか、このやり方であっているのか不安に包まれてしまう時期だと思います。私も沢山の迷走を繰り返し、何度も挫折しそうになりながらも頑張ってきました。

そんな中、少しでも可能性があると自分で感じられたなら、やっぱりなんでもやってみるしかないのだと思います。

 

この件に関しては、賛否両論あると思いますが、

結論からいうと、私はありだと思います。

 

詳しく解説していきますね。

 

やめるという条件付けはあり?

 

トータルで利を残すのトータルをどこに設定するのか

 

いつもブログにも書いていますが、大事なのはトータルで利を残す戦略です。

で、このトータルなのですが、どこまでの期間設定でトータルとするかで、当たり前ですが、戦略は変わってきますね。

 

「基本、1か月での利を目指すが、1年でのトータルも意識する。」

のが、いいと思います。

 

初心者さんや、負け続けてしまっているトレーダーさんは、1年のトータルで考えましょうと言っても、期間が長すぎて難しいですね。

なので、基本1か月で利が残るようなトレードを考えるといいと思います。

 

しかし、それでも相場の状況によっては、エントリーポイントが全然なかったりもしますし、負け越してしまう可能性もあります。

 

そんな時は、今月は負けてしまったけれど、1年ではまだこのくらい利があるなと考えてもらえるといいです。

 

どこかで無理やり帳尻合わせようとしたり、ルール違反で利をとりにいおうとするのが一番よくありません。

 

その月のトレードをやめるという条件について

 

これについては、今あなたがどの段階にいるかがとても重要だと思います。

 

もうすでに稼げているトレーダーさんにはこの条件は必要ないです。

損切という経費を払いながら、自分の導き出したチャンスにかけていく姿勢こそが、次のビックチャンスに乗れる人です。

 

しかし、初心者トレーダーや負けトレーダー、特にポジポジ病の人には、「やめる」という条件付けはとても有効です。

 

まずは、しっかり利を残していく経験こそが、自分の自信となるし、ルールを守り続ける事の大切さが体感として理解出来てきます。

稼げていないところから稼げるようになるまでのプロセスが一番頑張りどころです。

 

最後に Wさんの場合

 

Wさんにお聞きしたところ、「長い間FXを頑張っているけれども結果が出ていない」という状況でした。

こういう状況の方は、「負け癖がついてしまっている」可能性があります。

 

しかも、この負けている現状が今あなたが長い間存在している世界ですから、少しくらい稼ぎだしても、ホメオスタシスの働きで、しっかりとまた元の世界にひっぱられます(ノД`)・゜・。ナンテコッター。

 

FX初心者さんのためのFXブログ
FX初心者さんのためのFXブログ
https://fxakko.com/fx/kasegutokimeru/
普通の専業主婦からFXトレーダーへ転身したあっこのFXブログ

 

ですから、まずは利益を残すという経験をしっかり積んでいただきたいです。

 

そのためにもWさんの場合は「月40Pipsとれた時点でその月のトレードをやめるという条件」は有効だと言えます。

 

しかし、あくまでも最終ステージは、

 

損切という経費を払いながら、

自分の導き出したチャンスにかけていく姿勢こそが、

次のビックチャンスに乗れる人です。

ここです。

今のステージで経験を積んで、スキルを磨いて次のステージを目指してください。

 

私自身も現在は、「やめる」という条件付けをルールに加えています。

しっかりここでスキルを磨いて、次の「狙っていく」を目指しています。

 

それからもう1つ。

Wさんは、現在手法作成のための検証中との事でした。

ですから、もっと他の可能性もないか探ってみて欲しいです。

 

「1か月トータルで利を残す」という手法を作り上げるために、40Pipsとったらトレードはやらないという条件以外に、もっと他の条件はないでしょうか?

今見ている形ではなくて、違う形でエントリーした方が、パフォーマンスがいいかも知れません。

 

「やめる」という条件付けをしなくても、利が残る方法があるかもしれません。

 

「方法」は常に考え続ける。

  • もっといいやり方があるのではないか。
  • もっと成果が上げられるのではないか。
  • もっと時間が退縮できるのではないか。

 

今探している手法は、今だけを乗り越えるだけの妥協したものにしないでください。

これから一生、日々磨き上げながら付き合っていくパートナーです。

細かいルールの微調整はあっても、大枠での形は変わりません。

これ!と決めてトレードを始めた形は、あなたの癖となって体に染みつきます。

どうぞ、よい形を染みつかせてください。

 

質問してくださった、Wさんありがとうございました。

スポンサードリンク