【質問回答】もう迷わない!損切ルール!根拠あるエントリーと損切でトータルプラスを目指そう!

スポンサードリンク



こんにちは、あっこ(@fxakko717)です。

 

今日はLINE@にて、いただいた質問に回答していきたいと思います。

 

【質問回答】もう迷わない!損切ルール!根拠あるエントリーと損切でトータルプラスを目指そう!

 

Aさん

あっこさん、こんにちは。

あっこさんの損切のルールはありますか?お時間のある時に教えて頂けると、とても参考になります。

よろしくお願いします。

あっこ
Aさんありがとうございます。

今回は、損切のルールについて、質問をいただきました。

私が、チャートのどの位置に損切を置くか、お話していきたいと思います。

損切のルールについて迷われている方はぜひ参考にしていただけたらと思います。

 

根拠ある損切ルールとは!

”根拠”のある損切とは、”エントリーの根拠が崩れる場所”での損切です。

エントリー条件を優位性として持ってエントリーしているのですから、その優位性が無くなったと判断した時点で損切すべきだと思います。

では、”根拠の崩れる場所”というのがどこなのか。

私の場合は、

  • 根拠とした水平線の上or下
  • 根拠とした高値安値の上or下

です。

具体的にチャートでの解説もしていきますね。

 

簡単!2パターンだけ!エントリーパターンと損切ポイント

  • 根拠とした水平線の上or下
  • 根拠とした高値安値の上or下

での損切とは、具体的にチャート上ではどの部分になるのか、図で説明していきます。

 

パターン1 トレンドでの押し目買い戻し売り

 

パターン1つ目は、トレンド発生中の押し目買い、戻し売り。

サポートとなった水平線を抜けてレジスタンスに変わったところのN字エントリーです。

教科書通りのエントリーパターンですね。

この場合は、山となった高値、根拠とした水平線、その両方の少し上に損切を置きます。

 

 

この時に、ぎりぎり上ではなく、少しよゆうを持たせておくのがポイントです。

値動きは水平線でぴったり反発するわけではなく、少しはみだしたり、はみだしたと思ったら戻って来たり、髭を伸ばしたりします。

あまりにもぎりぎり過ぎる損切はこういったノイズで狩られてしまうことがあるので注意していきましょう。

損切が広くなってしまう分は、ロットを落として資金管理をします。

 

 

パターン2 トレンド転換

 

パターン2つ目は、トレンド転換狙いのエントリーです。

上昇トレンドだった流れが、長期足のレジスタンスにあたってレンジ入り、その後レンジを下に割って下降トレンド入りしていくような場面です。

ここでは、レンジの上限となった高値、長期足のレジスタンスとして引いている水平線の少し上に損切を置きます。

 

この時に、ぎりぎり上ではなく、少しよゆうを持たせておくのがポイントです。

値動きは水平線でぴったり反発するわけではなく、少しはみだしたり、はみだしたと思ったら戻って来たり、髭を伸ばしたりします。

あまりにもぎりぎり過ぎる損切はこういったノイズで狩られてしまうことがあるので注意していきましょう。

損切が広くなってしまう分は、ロットを落として資金管理をします。

 

根拠ある損切ルールまとめ

 

✅根拠ある水平線の上or下

✅根拠とした高値、安値の上or下

✅根拠ぎりぎりではなく、余裕を持たせてその分ロットを落としてリスク管理

 

実際のチャートでは紹介した図のようにきれいにぴったりとはいきません。

まずは、自分のエントリーパターンのチャートを何度も見ながら、よい損切ポイントのルール化をしていってみてくださいね!

 

【質問回答】もう迷わない!損切ルール!根拠あるエントリーと損切でトータルプラスを目指そう!【動画】

スポンサードリンク