2019.9.5(木)トレード戦略配信

トレード戦略

スポンサードリンク



タイアップレポート無料プレゼント中!

よい手法を使いこなすためには、自分で検証、改善、活用していく力が必要です!!
「検証を極めて分析力を高める、エクセル検証レポート」無料プレゼント中

こんにちは、あっこ(@fxakko717)です。

9月5日(木)トレード戦略配信です。

 

この記事は、2019.9.5(木)のLINE@配信文に加筆修正して転載したものです。リアルタイムで受け取りたい方はLINE@へご登録ください。

 

 

 

日足

 

日足です。

日足はレンジ。上限付近まで上がってきましたが、まだ上昇余地があるので、日足根拠でのショートはまだしたくないですね。

水平線とボリンジャーバンド+2σが重なるあたりが理想です。
上抜ける可能性もあるので、そのあたりに来た時の、短期足でのプライスアクションを見て判断します。

 

1H

 

1Hです。

4Hはずーっとレンジです。(黄色のライン)

1Hも昨日の上昇でレンジ入り、さらに水平線上抜いて上昇トレンドと判断しました。
ミドルバンドを下抜かずに上がっていくなら、上昇トレンド継続。
割れてくるようなら再度レンジ入りなので、レンジ幅の上限を3時の高値へ微調整します。

 

15M

 

15Mです。

15Mはレンジです。

4H、1Hの+2σタッチと、1Hの緑の水平線。高値と安値に挟まれて、という状況でしょうか。

この水平線割れていくなら、いったん1Hレンジ下限(-2σタッチ付近)下げ余地はありますが、とはいえ20pipsくらいしかないところなので、わざわざここでリスクをとる必要もないと思います。

ドル円はレンジの中にいますので、結局は上がったり下がったり。
中途半端なところで手を出すと、ロングもショートも焼かれてしまうので、ご注意ください。
 

この記事は、2019.8.30(金)のLINE@配信文に加筆修正して転載したものです。リアルタイムで受け取りたい方はLINE@へご登録ください。

 

スポンサードリンク