2019.11.5(火)トレード戦略配信

トレード戦略

スポンサードリンク



タイアップレポート無料プレゼント中!

よい手法を使いこなすためには、自分で検証、改善、活用していく力が必要です!!
「検証を極めて分析力を高める、エクセル検証レポート」無料プレゼント中

こんにちは、あっこ(@fxakko717)です。

 

11月5日(火)トレード戦略配信です。

 

週足

 

週足です。

週足はレンジ。

 

週末に水平線を引いていたので、カラフルになってます。

水平線の色については、先日この記事に書いたとおりに引いてますので、ご一読ください。

▼▼合わせて読みたい▼▼

【質問回答】水平線を引く時間足は?

週足…緑
日足…オレンジ
4H…青
1H…ピンク

 

日足

 

 

日足です。

日足もレンジ。今はレンジの真ん中にいますね。

 

1H

 

1Hです。

 

4Hは、ミドルバンドを上抜けて、レンジ入りです。

1Hは、上昇トレンド。

 

新規でポジションを持つには、中途半端な位置にいます。

オレンジの水平線まで、上昇すると、4H+2σタッチと重なるポイントレ+ンジの高値圏なので、ここまで上がったらいったんショートを考えます。

もしくは、下がり切ったところからロングor週足レンジ上限を上抜けてから、押し目買いを検討したいです。

 

15M

 

15Mです。

15Mはレンジです。

 

ドル円は様子見ですね。

 

”ポイントまで待っていたけど、いってしまった”

よくある事だと思います。

悔しいと感じてしまうかも知れませんが、いってしまったらそれでいいんです。

また次のチャンスを待ちます。

ポイントまで待たずに追っかけてエントリーしても、利確できてしまうこともあります。

でも、そのポイントは”優位性の高いポイント”と言えるでしょうか?

全ての流れを完璧にとることはできません。

だから、自分の中で優位性の高いパターンまで待って入ります。

スポンサードリンク