子供のために離婚や別居を踏みとどまっているママ達へ。今日は私の息子の話をします。

ライフハック

スポンサードリンク



タイアップレポート無料プレゼント中!

よい手法を使いこなすためには、自分で検証、改善、活用していく力が必要です!!
「検証を極めて分析力を高める、エクセル検証レポート」無料プレゼント中

こんにちは、あっこ(fxakko717)です。

 

今日は、普段あまり話さない息子の話をします。

私には、息子が2人います。小学校1年生と3年生です。

 

 

3年生の長男は、明るくて活発で社交的なタイプで、小さい時から、公園に連れて行くと、その場その場ですぐに新しい友達を作って、いつの間にか沢山のお友達に囲まれて遊んでいるような子です。

 

そんな長男が2年生の時に、不登校になりました。

 

1年生の後半くらいから、少しずつ様子がおかしくなり、ネガティブ思考になり、自分を卑下するような発言が多くなり。

2年生になったタイミングで、学校にいけなくなりました。

 

最初は、遅刻でもいいから、1時間でもいいから、少しでも学校へ来させてください。と言われ、送り迎えをして、毎日少しでも登校するようにサポートしてきました。

それでも、どんどん状況は悪化し、教室へ入ることができなくなり、私は、一日中付き添って、学校の中の別室で一緒に勉強していました。

 

次男を幼稚園へ送っていき、それから長男と学校へ登校して、5時間くらい学校で一緒に過ごして下校。

 

たまには、思いっきりさぼって、一緒に公園で走り回って気分転換してみたり。正直大変だったけど、私にできるサポートはなんでもやってあげようと思いました。

 

当時、一緒に住んでいた夫にも、子供のことだから、報告はしてみました。

 

「今日もあいつは行かないのか。」という夫に、

「じゃぁ、あなたから声をかけてみて?」と言ったら、

 

「いつまで学校さぼってんだ!ゲームばっかりやってんのか?だったら、ゲームなんか捨ててやるからな!!」と、怒鳴り散らして出勤していきました。(ちなみに、ゲームはやっていない、、、。)

 

「今日は、少しでも気分転換になるように、公園に連れて行ってみたの。」というと、

「いつも気分転換ばかりしてるんじゃないか、いつまでやるんだ。」と言われました。

 

それから、私は、一切子供のことを夫へ相談しないことにしました。

何を言ったところで、理解してもらえないし、協力はしてもらえないし、下手なこと言うと、息子が怒鳴られてしまう可能性があったから。

 

おそらく夫は、私が一日中、息子に付き添って登校していたことすら知りません。

本来、引きこもるような性格でない子が、4か月も引きこもりました。

 

当時、夫とは、もめにもめていて、私の心の中はぐちゃぐちゃで、家の中は空気が張り詰めていて、会話をしない、パパとママを見て、子供なりに、感じるものが沢山あっただろうなぁと思います。

 

とにかく状況を変えたかった。

 

自分がつらいだけなら、もしかしたら私はまだ、我慢をし続けてしまっていたかも知れません。

もしも、息子たちが幸せそうに笑っていたなら、私さえ我慢したらと思っていたかも知れません。

 

「このままでは、息子まで壊してしまう」

その思いが、私に勇気をくれました。

 

別居してからもしばらくは、、、

  • 私の勝手な都合で、子供たちを転校させてしまったな。
  • お友達とお別れさせてしまったな。
  • 父親と離れさせてしまったな。

と、自分を責めては悲しくなりました。

 

「ママ、大丈夫だよ!」

 

まるで、そう伝えてくれているかのように、子供たちの笑顔は日に日に増えていき、不登校だった長男は、今では毎日学校が楽しい!って笑顔で出かけていくようになりました。

 

学校から帰ってくると、今日はこんなことがあった!と楽しそうに報告してくれるようになりました。

徐々に新しい友達とも仲良くなって、今日も兄弟2人でお友達の家に遊びに行ってくるねー!と出かけていきました。

その笑顔を見ているだけで、本当によかったと、心から幸せを感じます。

 

私が、子育てで大事にしていることがあります。

 

”ママが幸せで笑っている事”

これに勝る、心の栄養はないと思うから。

別居して私は、心のそこから笑うようになりました。

毎日を楽しむようになりました。

それを見て、子供たちも、好きな事を楽しむようになったし、一緒におなかを抱えて笑うことが増えました。

息子たちが、友達とはしゃぎまわって、遊んでいる姿を見るのが、今一番の私の幸せです。

 

※これは過去にnoteという発信媒体に掲載していた記事を転載したものです。

スポンサードリンク