FXトレードで、エントリーした後建値にするタイミングは?

トレードルールの作り方

収益記録

2017年合計  +715,015円
2018年合計       +814,493円

スポンサードリンク



普通の専業主婦からFXトレーダーに転身しました、あっこ(@fxakko717)です。

 

LINE@ご登録いただいている皆さん、ありがとうございます!

メッセージも届いていて、皆さんからの応援とても力になっています。

 

今回もいただいた質問にお答えしていきたいと思います。

 

 

Aさん
あっこさん、建値にしている履歴ありますが、どうやるのですか?私は損切か利確かの二択です。。。
あっこ

Aさんありがとうございます。

損切は必要経費!でも、避けられるものなら避けたい、、、ですよね!私も建値を利用して無駄な損失は出来るだけ回避できるように頑張ってます!!

 

スポンサードリンク



 

 

建値にするタイミング

建値にするメリットとデメリット

実は建値にするにもメリットとデメリットがあります。

 

メリット

利がのったけど、途中で反転してきた時に損失を逃れる事が出来る。

例えばこのチャート

↑でエントリー。

この日は、私がエントリーした値からは、+32Pipsしか伸びず、その後ドカーンと落とされました。

ちなみに、この陰線は雇用統計です。

ここで、損切を建値にずらして居なければ、〇のところで、損切です。

建値にしていた事で損失を逃れる事が出来ました。

 

ちなみに、損切すら入れてなければここで強制ロスカットも充分あり得ます。

この陰線から流れが変わって、300Pipsほど下降していきました。

 

デメリット

建値にしていたがために利確を取りこぼす。

例えばこのチャート

↑のところでエントリーして、その後〇でエントリーポイントまで戻ってきています。

ここで建値にしていると、約定してしまい、その後の+40Pipsの下落を取りこぼします。

 

あっこ

記、メリット、デメリット両方があるという事、実感いただけたでしょうか?

この両方を受け入れたうえで、よりパフォーマンスをあげていくにはどうしたらいいか?が大事になりますね。

 

建値にするタイミング

建値にするタイミングも色んな方法があります。

  • 〇〇Pips以上利がのったら。
  • 直近高値、安値を更新したら。
  • 前の市場(東京市場、欧州市場、NY市場)をブレイクしたら。
  • 時間。

どの方法でも構いませんが、自分のエントリーポイントで入った時に、どこがどうなったら建値にしてもとりこぼしがないか。

逆にいうと、このポイントまでいったのに、建値に戻って来るって事はここからは逆行していくなというところを探してそれを建値のルールにします。

 

はい、ここで仮説がうまれてますね!

仮説がうまれたら→検証です!!!

新しいルールがうまれる時、既存のルールを排除する時、必ず間に検証という作業が入ります。

この面倒な作業をいちいちやるんです。

エントリーする事よりも、ここに時間と労力を使います。

 

最後に Aさんの場合

Aさんは、朝の時間にエントリーしたら、昼間はお仕事をされているそうです。

ので、チャートをこまめにチェックできず、仕事が終わったら利確か損切。

なので、「時間」を使って建値にする事を提案させていただきました。

もちろん、検証するんですよw

検証した結果、建値にする時間が決まったら、その時間にトイレに行って建値へw

お仕事をされている方にはオススメの方法です。

 

 

あっこ
Let’sトイレ!!!

Aさん、ご質問ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク