【目的と目標とビジョン】目的をとらえて ビジョンを描く! 適切な目標設定で 夢を叶えるスピードを あげよう!

メンタル

スポンサードリンク



タイアップレポート無料プレゼント中!

よい手法を使いこなすためには、自分で検証、改善、活用していく力が必要です!!
「検証を極めて分析力を高める、エクセル検証レポート」無料プレゼント中

こんにちは、あっこ(@fxakko717)です。

今回もLINE@でいただいた質問について、お答えしていきたいと思います。

 

 

Aさん

あっこさん、こんにちは。

いつもLINEとツイッターを読ませていただいてます。

今回は質問がありまして、ドキドキしながらメッセージを作成してます。

先ほど流されたツイッターで、ビジョンを明確にする。というのは、具体的にどんなことをされたのでしょうか?

私は、月に何万円稼ぎたい!とあっても、継続して勝ててないので、毎月勝ち抜ける!とか、ルール違反をしない!とかしか目標が定まらず、具体的なビジョンが描けないでいます。

あっこ
Aさん、メッセージありがとうございます。今日はビジョンと目標と目的について解説していきますね!

 

スポンサードリンク



 

目的と目標とビジョンの違い

 

 

  • 目的を明確にする
  • 目標設定する
  • ビジョンを明確にする

目的と、目標と、ビジョンは似ていますが、それぞれ違うものです。

 

  • 目  的 :行動指針、使命(なんのために)
  • 目  標 :目的を達成するためにすること(ゴール設定)
  • ビジョン :理想像や未来の光景、感情

目標とは目的の達成のために設定されたもので、ビジョンとは目的が達成された時に手に入ると思っている、光景や自分自身、その時に得られる感情。

 

目的を認識し、ビジョンを明確にすることの重要性

 

FXを始めようと思ったときに、多くの方は、まずは月に5万円稼ぎたい、10万円稼ぎたいなどと考えて始められると思います。

 

月に5万円、10万円というのは、目先の目標であって、目的やビジョンではありません。

 

実は、人の行動のエネルギー源は、目標ではなく、ビジョンの方にあります。

私たちは、目的を達成した時に得られると思っている、光景や自分のありたい姿を見て、嬉しい、楽しいなどの感情がわき、それをエネルギー源として、行動するのです。

根底にある思いは、”今よりもよりよくなりたい”です。

 

目先の「月5万円稼ぐぞ!」だけを見ていては、今稼げていない、うまくいかない現状に心が折れてしまいます。

 

目的をとらえて、ビジョンを描く

 

FXを始めようと思った”目的”があるはずです。

認識できていない方もいるかも知れません。自分と向き合う時間を取ってみてください。

 

それでもよくわからないという方は、月5万稼げるようになって、何が欲しかったんだろう?って考えてみてください。

私たちは、本当はお金が欲しいじゃないんですよ。お金を手に入れたその先が欲しいんです。

 

私の場合は、

  • 女手一つで、子供2人を守っていけるだけの力が欲しかった。
  • 女性の経済的自立を応援したい。
  • 過去の私のようにつらい思いをしている人に自分の人生を生きる楽しさを伝えたい。

こういった目的があって、トレードで稼ぐという手段を選び、発信活動をするという手段を選んでいます。

”目的達成のために選んでいる”という認識があります。

 

さらにその先で、目的達成した私は、どんな生活をしているだろうか、どんな私であるだろうか、ビジョンを描きます。

ビジョンを描くって、とってもわくわくする作業ですよ。

こんな生活をしていたいな、こんな私でいたいな、こんな活動をしていたいな、その光景を見てわくわくしているからこそ、うまくいかない時も、壁にぶつかった時も、諦めずに進み続けることができました。

今の自分に制限を設けることなく、わいた願いを素直にビジョンとして思い描いてみてください。

 

3年前、1円も自分で稼ぐことができなかった専業主婦が、セミナーで皆さんの前でお話する経験までできたんです。

思い描いたビジョンはちゃんと現実にできますよ。

 

まずは自分と向き合う時間をとりましょう

 

今まで、”自分と向き合うと”いう事をしてこなかった人にとって、目的やビジョンを描くことは難しいかも知れません。

私自身、最初から目的やビジョンが描けていたわけではなく、生きづらさから自分と向き合い学んでいくことで、やっと今の私にたどりつきました。

 

トレードとは、人生です。

単発で1回稼げたらいいのではなく、長く付き合っていきたいですよね。

どんなトレードをするかは、どんな生き様を選ぶかと同義。

どんな人生にしたかったのか、どんな私になりたかったのか、自分と向き合う時間を作ってみて下さい。

 

スポンサードリンク