ポジポジ病の傾向と対策!ポジポジ病と克服してトータルプラスを目指そう!

FX初心者

スポンサードリンク



タイアップレポート無料プレゼント中!

よい手法を使いこなすためには、自分で検証、改善、活用していく力が必要です!!
「検証を極めて分析力を高める、エクセル検証レポート」無料プレゼント中

普通の専業主婦からFXトレーダーに転身しました、あっこ(@fxakko717)です。

私は以前は、ひどいポジポジ病の感情トレーダーでした。

しかし、そこから抜け出して、ルールを守れるようにならないと、FXで稼いでいくのは難しいと思います。

 

今回はポジポジ病について、私の経験談とともにそこを抜け出すための対策をお伝えします。

 

スポンサードリンク



 

ポジポジ病とは

『常にポジションを持っていたい人』『トレードがしたくてたまらない』『損した分を取り戻したい』などの心理から

  • チャートを開いた瞬間にエントリー
  • エントリー根拠もないのにポジションを持つ
  • がむしゃらにポジションを持つ

症状の事です。

 

この症状のやっかいなところは、

『ポジポジしたからといって必ずも負けるわけではなくたまに勝つからこそやめられない』

ところです。

 

ポジポジ病になる人の特徴

【欲深く自尊心が高い人】

  • 欲深いが故に、早く稼ぎたい気持ちが強すぎる。
  • サラリーマン思考で稼ごうとする。
  • 自尊心が高すぎるが故に、損切(損切になってしまった自分)を受け入れられない。
  • 自尊心が高すぎるが故に、自分の実力を過信し、慎重さが足りない。

 

【トレード中毒】

  • トレードする事が楽しい。
  • ギャンブル思考

 

それぞれの傾向と対策

【欲深く自尊心が高い人】

私はもうダントツこれでした!!

とにかく欲深い。

早く稼ぎたい!お金が欲しい!!一気に儲けたい!!!

有り余るこのがめついエネルギーをトレードに向けると、ポジポジ病になります。

 

ので、、、

私は検証にこのエネルギーを向けました。

がむしゃらにポジポジエントリーして、偶然ヒットしたポジションで稼ぐのではなく、

しっかり狙った場所でとれるようになろうと。

 

「早く稼ぎたい!お金が欲しい!!一気に儲けたい!!!」という欲深さ、それ自体は悪者ではないと思います。

ただ、使い方を間違えると痛い目にあってしまう。

そのありあまるエネルギーをエントリーに向けるのではなく、検証に向けてみましょう。

 

【トレード中毒】

これについても、上記の過程をたどる事でいかに愚かな行動かわかって自然と克服する人もいるのではないかと思います

 

また、中毒症状に陥ってしまうのは、脳がその行動から過度の刺激を欲するからです。

瞑想や散歩、運動習慣を取り入れて脳をリフレッシュさせたり、

トレード以外のことで心がゆったり満たされること、癒されることを見つけるといいと思います。

 

ポジポジ病まとめ

ポジポジ病は、昨日まで病気だったのが、今日からスパッと治ったというものではありません。

治ったと思ったら、またやってしまったり、

ある日突然何かのきっかけで爆発したようにやりだしたり。

そのたびに自分を責めて落ち込んで、さらにそれが原因でポジポジ病にはしります。

 

ですから、またやってしまっても自分を責めないでください。

自分を責めるエネルギーがまた自分をポジポジに向かわせます。

スポンサードリンク