普通の専業主婦の私がFXトレーダーになった本当の理由

ライフハック

収益記録

2017年合計  +715,015円
2018年合計       +814,493円

スポンサードリンク



こんにちは、FXトレーダーあっこ(@fxakko717)です。

 

プロフィールには、私とFXとの出会いについて触れています。

 

が、この時点では触れられなかった、今まで誰にも語ってこなかった、普通の専業主婦の私がFXトレーダーになったもう1つの理由を今からお話したいと思います。

 

スポンサードリンク



 

 

10年間耐え続けたモラハラ夫との日々

 

私の夫は、典型的なモラハラ夫でした。

ですが10年間、私はモラハラされている事にさえ気づく事が出来ませんでした。

 

モラハラ夫の本当の恐ろしさはその洗脳力です。

普段はとても優しく温厚で、人脈も広く人望がある、会社での評価も高い。

これが外側から見た私の夫です。

しかし、何かをきっかけにその態度は豹変します。

何をきっかけにするかは夫の機嫌次第です。こちら側に理由なんかわかりません。理由なんてないのかも知れません。

そして、その豹変は、密室でのみおこなわれます。

 

「あんなに優しくて温厚な人が自分の前だけで豹変する」

だから、混乱するのです。

あんなに優しくて温厚な人が自分の前だけで、豹変する。豹変させてしまう私が悪いんじゃないかと。

他の人の前では、あんなに優しい人なんだから、私に原因があるんじゃないかと。

そんな気持ちを相手は利用するのです。

 

「俺を怒らせるな」

「俺を怒鳴らせるな」

「もっとまともな大人になれないのか」

「お前のせいでこうなったんだろ」

これは、実際に私が言われてきた言葉です。

 

洗脳が完了している状態で、正常な判断なんてできないのです。

全ては私が悪いのです。

ですが、離れる事も出来ないのです。

離れたら、もっとひどい仕打ちをされるかも知れない。

それ以前に、「夫が居ないと生きていけない」そう思い込まされていました。

 

繰り返される浮気

 

浮気癖もありました。

 

1人の女性と長い間続いていました。

その事実を薄々感じながらも、向き合う事が出来ませんでした。

証拠をつかもうと思えばいくらでもボロは出たと思います。

ですが、それもやりませんでした。

 

「証拠をつかんでしまったら、知らないふり出来なくなるから」

話し合いの出来る相手でない事は身に沁みてわかっていたので、問い詰めるならそれ相応の覚悟が必要でした。

それをする覚悟ができたのは、つい最近の事です。

 

薄々感じていたとは言いつつも、それを現実として向き合うのは、心がえぐられる思いでした。

沢山の怒りと、沢山の悔しさと、沢山の情けなさと、沢山の悲しみと、沢山の涙を流しました。

 

気づかないふりをしていた方が幸せだったのかもしれない。

だけど、この先ずっと気づかないふりをして生きていけるほど私は強くありませんでした。

 

全ての裏をとってから、夫へ話し合いを持ちかけました。

私がどこまで知っているか知らない夫は、残念なことに、しらを切ろうとしました。

逃げ切れないと分かると、逆ギレしました。

最終的には、私が悪いという方向へ話を持って行って、怒鳴りました。

 

もう一生理解し合えない、そう思いました。

 

1人で生きていける力が欲しかった

 

何が苦しいのかわからないけれど、生きているのが苦しいそんな日々を沢山過ごしました。

もちろん、楽しい日々が無かったわけではありません。

ですが、ずーっと苦しさを抱えていました。

漠然とした不安もありました。

夫に対する、不信感や危うさも感じていました。

 

「経済力さえあれば」

とにかく経済力が欲しかった。

早くこの場所から出たかった。

FXで稼ぐ未来しか、私には道が無かったんです。

だから、全てのエネルギーをここに注いで来ました。

 

FXで稼げるようになったことが私に勇気をくれました。

 

FXとの出会いがあったからこそ

 

長い間、辛い環境には居ましたが、そこから学んだ事は沢山あります。

何より、あの環境に居なければ、”トレーダーあっこ”は生まれなかったと思うのです。

 

1日中検証漬けの日々を送れたのも、夫が生活基盤を作ってくれていたからです。

私を苦しめていたのは、夫だったかも知れないけれど、私を支えてくれていたのもまた夫だったのです。

 

夫婦には色んな物語があります。

それは他人が外側から見ただけではわかりえないものです。

間違いなく私は、あの時一番大好きだった人と結婚したのです。それもまた事実なのです。

 

だからこそ、長い間、悩んで苦しんだ。どうでもいい相手に対して苦しい感情は生まれない。

それでも、これからの人生、私のありたい姿の隣に夫がいる事はないと思います。

 

これからは自分の力で生きていく

 

「あっこさんのように強くなりたいです」

「あっこさんのように自信を持って生きていきたいです」

こんな言葉を頂くことがあります。

とても嬉しくて、ありがたい言葉なのですが、

 

私は、強くはありません。

本当に強い人はモラハラの支配下にはいったりはしないから。

ずっと自分に自信がなくて、自分の力で生きていく勇気がなかったからこそ、苦しくても「今の生活からは抜け出さない」その選択をし続けてきてしまったのです。

 

だからこそ、誰よりも強くありたいと願いました。

自分に自信を持って生きていきたいと思いました。

その願いを今、1つ1つの経験を積み重ねながら、叶えていっている途中なのです。

 

不安に襲われて、眠れない夜もあります。

損切が続くと胃が痛くなることもあります。

新しいチャレンジに、怖気づいてしまう事もあります。

それでも、一歩前に進み続けることを止めずにここまで来ました。

 

「経済的に自立した女性を増やしたい!」

 

この思いは、私自身の経験からきているのだと思います。

経済的に自立していると言う事は、それだけで人生の選択肢が広がります。

人生って、本当はもっと可能性にあふれてます。

だけど、その可能性をつかめる人はひと握りです。

お金のために我慢して、沢山の選択肢を諦めてないでしょうか?

 

私は、今まで沢山の選択肢を諦めて生きてきてしまいました。

 

子供は親の言う事なんて、さっぱり聞いてませんよ。

だけど、その背中はしっかり見ています。

だからこそ私は、まず自分自身が自由でありたい。自分自身が挑戦する人でありたい。自分自身が可能性を諦めない人でありたい。

子供に生きて欲しくない人生を、あなたが生きないでください。

 

子供達には、こんな人生生きて欲しくない!

そう思った時、絶対にここから抜け出そうと思いました。

子供達に生きて欲しいと思える人生をまずは、私自身が生きようと思います。

 

最後に

 

ここまで沢山の弱音を吐きました。沢山の仲間に支えてもらいました。

私が今ここに居られるのは、そんな仲間の存在があったからです。

この場をかりて、皆ありがとう♡

大好きな仲間が居るからこそ、今日も私は、一歩前へ、その歩みを止めずに進めるのです。

 

 

 

スポンサードリンク