『勝率は3割でいい』の真実

FX初心者

収益記録

2017年合計  +715,015円
2018年合計    +1371,231円

スポンサードリンク



こんにちは、普通の専業主婦から専業トレーダーに転身しました。あっこ(@fxakko717)です。

 

勝率は3割でも利益を残すことができます。

勝率9割を目指すより、勝率3割の方が簡単です。

 

特に初心者の多くは、「損切」の概念を理解しきれていない方が多く、無意識によい勝率を求めすぎるがために、結果に結びつかない人が多いと感じます。

 

ありもしない勝率100%の聖杯を探すくらいなら、勝率は3割でいいから淡々とルールを守り続けられることの方がFXで結果を出していくためには大切です。

 

 

ですが、この『勝率3割』も表面の言葉だけを受け取ってしまっては、ダメで。

 

おそらく勝率3割を目指してトレードに取り組んでみた人の多くは、途中で挫折してしまったのではないかと思います。

  • なぜ挫折してしまったのか?
  • 勝率3割ではいけないのか?

今日は勝率3割の真実についてお話しようと思います。

 

スポンサードリンク



 

FXトレードの勝率はたった3割でも利益は残せるのか?

 

FXは勝率たった3割でも、リスクリワードをととのえることで、トータルで利は残していけます。

-10
-10
+30
-10
-10
+30
-10
-10
+30
-10

合計 +20

 

上記のように、リスクリワードを1:3以上にしておくことで、トータルでは利益が残ります。

 

勝率3割の落とし穴

 

勝率3割でも計算上は利益は残ります。

ですが、本当に3割しかない手法で利益を出し続けることは難しいです。

 

メンタルが持たない

一番の理由は、おそらくメンタルが持たない人が多いこと。

勝率が3割しかないということは、10回トレードしたら、7回は負けます。

 

仮に7連敗したその次のトレード、平常心でできますか?

勝率3割だと、5連敗くらいは、頻繁に経験することになると思います。

もちろん、その過程で精神を鍛えて「5連敗くらいへっちゃらになる」ということもできるのですが、ほとんどの人はここでメンタルが折れます。

 

さらに、すくないロットの時はへっちゃらだったのに、ロットを上げ始めるとつらくなる人が多いです。

だって、5連敗もしたらどんどんお金減っていくもんね。

怖いですよ、普通に。

それでもロット上げていくって相当負荷がかかります。

最後の最後にはトータルプラスになっているとしても、毎回胃に悪い(笑)

 

トレードミスをした時にプラスにならない

検証での勝率3割は、実トレードでの勝率3割とは違います。

検証で勝率3割の手法を使うという事は、実トレードでは2割程度の勝率しかでないと思った方がいいです。

さらに、自分のトレードミス、入るべきところで入りそびれたりすると、勝率は2割どころか1割しかなくなる場合もあります。

さすがにそれだけ勝率が落ちると、トータルプラスにならない可能性も出てきます。

ただ、負けてるだけ。しんどいです。

 

勝率3割の真実

 

ここで、「勝率は3割でもトータルで利益が出る」の真実をお伝えします。

 

この言葉は、「勝率は3割でも利益が残るんだから、勝率3割の手法を見つけてルールを守ってトレードしてね!」ではありません。

真実は、「勝率3割でもトータルで利益が出る戦略で闘いつつも、通常は勝率7割くらいの手法で闘っていきましょう。そうすれば、時にパフォーマンスを崩したり、相場と手法がかみ合わなくなっても、勝率3割までの落ち込みなら、トータルでマイナスになることはありません。最悪を想定した時にもマイナスにならない闘い方をすることで、どうやっても利益にしかならないトレードをしていきましょう!」です。

 

  • 勝率3割でもプラスになる戦略
  • 勝率7割くらいでメンタルに負荷のかかりすぎない手法

この両方をバランスよく扱っていきましょう。

 

私がFXで大事にしているのは、全体のバランスです。

これだけやればいいってことではなく、弱者だからこそ、色んなバランスを調整して、勝ち残るための戦略を立てています。

 

スポンサードリンク