トレードがうまくいかなくなった時に私がやった、スランプから抜け出す3つの方法

メンタル

スポンサードリンク



タイアップレポート無料プレゼント中!

よい手法を使いこなすためには、自分で検証、改善、活用していく力が必要です!!
「検証を極めて分析力を高める、エクセル検証レポート」無料プレゼント中

普通の専業主婦から、FX専業トレーダーに転身しました、あっこ(@fxakko717)です。

 

稼げるようになったと思ったら、急にうまくいかなくなる。

いわゆるスランプのような状態になることってありますよね。

 

とくに駆け出しトレーダーは、1か月うまくいっても次の月に惨敗なんてよくあることで、
ちょっと稼げるようになったところで、継続的に稼ぎ続けられるかは別問題。

 

そういった意味で、常に不安と隣り合わせにいると思います。

私も連敗が続いたり、月トータルでマイナスになってしまうと、とても不安になります。

 

あっこ

そんな時は、

  1. 冷静に原因を分析して
  2. 不安になっている感情を安心させる

ことが必要ですね。

 

今日は、そんなうまくいかない時に、そこから抜け出すために私がやっている方法を具体的にご紹介します!!!

 

スポンサードリンク



 

トレード履歴を見直す

 

トレード履歴を見直します。

これは毎週末に必ずやっているし、月末にももう一度一か月分の振り返りをしています。

それでもうまくいってない時は、さらに別で見直す時間を作ります。

 

トレード履歴を見返す時のチェックポイント

トレード履歴を見返す時にチェックするポイントは

  1. ルールを守れたか
  2. ルールは機能しているか

です。

 

 

トレードルールが守れない主な原因

トレードの成績が落ち込んでしまったときはルール違反の場合が多いです。

ルール違反だったなというトレードを見つけた時は、”なぜルール違反をしてしまったのか”原因”を考えます。

 

トレードルールが守れない主な原因は、

  • 感情のコントロールができていない(感情でトレードしている)。
  • ルールが複雑すぎて、リアルタイムでの判断が難しい。
  • ルールがあいまいで決まり切ってない。

 

どこに原因があるかで、対策方法はかわってきます。

あなたの原因はどれでしょうか。

 

トレードルールが機能していない場合の対策方法

トレードルールが今の相場とずれてきてしまっている場合も考えられると思います。

ルールが機能していないと考えられる場合はとは、いっさいのルール違反のトレードがないのにも関わらず、トータルで利が残っていない場合です。

 

この場合は、ルールの微調整をするだけで、利が残る可能性が高いです。

ルールの微調整とは

  • 利幅の変更
  • 損切幅の変更
  • 現状のルールに1つ条件を追加してみる

などです。

 

いきなりガラッと手法を変えようとしてしまう人もいますが、それはおすすめしません。

今まで利益を残してこれたということは、まるっきり相場の見方が間違っていたという可能性は少ないですし、
今まで見てきた相場の”見方の癖”のようなものがついてしまっていますから、180度見方をかえるようなことは難しいです。

 

どんな手法にも得意な相場、苦手な相場が必ずあります。

万能な手法はないのです。

手法をガラッと変える行為は、ありもしない聖杯を探しにいくような行為です。

それよりも、自分の経験とともに、手法も少しずつ工夫をしながら育てていくという考えでやったほうがうまくいきます。

 

チャートを印刷して書き込む

 

トレード履歴を見直して対策したあとは、チャートを印刷してエントリーポイントを書き込んでいきます。

印刷するチャートはだいたい1年分です。

これを何回でもやります。

何回も同じチャートで繰り返すことで、チャートの形を覚えます。

〇月〇日この日はここのポイントでロングで利確だったなというのを自然に暗記していまします。

 

なぜ何度もやるのか

主な理由は2つです。

1つは、エントリーポイントを体で覚えるため。

1つは、トータルで利益がでる!大丈夫!!と自分に証明するため。

 

エントリーポイントを体で覚える

エントリーポイントは頭でわかってるだけじゃ足りなくて、体が覚えるまで落とし込みたいと思っています。

思考をつかうと一瞬の判断に遅れがでるし、感情が出てきた時に邪魔されると感じています。

 

5連敗しているときの次の1トレードと、5連勝しているときの次の1トレード。

次の1トレードは同じ1トレードですが、心理的状態は全くことなります。

 

思考を使うと、この全く関係のない5連敗、5連勝という状況まで無意識に考慮してしまっているように私は感じています。

 

”頭で考えなくても体が勝手にエントリーしている”

これが私が理想としている、トレードです。

無駄な思考を挟みたくない。

 

大丈夫を集める

トレーダーに安定はありません。

仮に5年間勝ち続けていたとしても、次の瞬間から稼げなくなる可能性と常に隣り合わせだと思っています。

 

今は、このトレードルールで大丈夫だということ。

トータルで利益が残るという安心を自分で自分に与えてあげるようにしています。

 

不安でいっぱいの中では、良いパフォーマンスが出せません。

自分をよい状態に保っておくための1つの手段として、安心させることをとりいれています。

 

まとめ 原因と感情は切り離して対策する!

 

うまくいかなくなった時は、、、

  1. 冷静に原因を分析して対策をする
  2. トレードルールを使いこなすための訓練をする
  3. 自分を安心させる

 

不安になってしまったときほど冷静に。

感情に流されず、1つ1つ対策していきましょう。

 

スポンサードリンク