あっこ流トレードルールの作り方④

トレードルールの作り方

収益記録

2017年合計  +715,015円
2018年合計       +814,493円

スポンサードリンク



 

 

 

今日はシリーズ最後に私がこのシリーズで一番伝えたかった事。

私自身がもっとも意識している、本質の部分を書いていきたいと思います。

 

スポンサードリンク



 

あっこ流トレードルールの作り方④ なぜ手法からではなく、自分のあり方から考えるのか

手法から入ると、手法が絶対になります。

 

 

手法の下に私が支配されてしまいます。

 

これだと、生活やトレードスタイル、性格に合わなくても、

手法に自分を合わせようとしてしまいます。

我慢や無理が生じて苦しくなります。

 

 

 

 

 

何かあるとすぐぶれます。

下に居れば居るほど、大きくぶれます。

感情も思いっきり揺さぶられます。

 

 

自分のあり方から入ると、自分が上になります。

 

 

私が居てFXがあるんです。

 

FXがあって、そこに私にあった手法があります。

FXはツールであり、手法はそれをうまく利用するためのツール。

ツールのツール。

 

 

私がいつもFXをツールと言うのは、頭の中ではこんなイメージ。

 

FXに振り回わされない。

仮に『FX』がブンブン振り回されても(そんな事ある?(笑)激しい相場とか?(笑))

 

私が頂点に居る限り、私はぶれません。

 

 

 

 

FX以外の事も全部同じポジションです。

 

 

 

 

全部が私の下に居ます。

 

全ての出来事、物は私の人生を彩豊かな物にしてくれるためのただのツール。

例えばお金も、社会的評価も、憧れのマイホームも。

 

 

外側の出来事に振り回されて、自分の価値を上げたり下げたりしない。

いつでも私が私の人生の中心点で始まりです。

 

ぜひ、意識してみてください♡

 

 

 

トレードルールの作り方シリーズ、ここまでお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク