トレードにドキドキしてしまうあなたへ

トレードルールの作り方

収益記録

2017年合計  +715,015円
2018年合計       +814,493円

スポンサードリンク



普通の専業主婦からFXトレーダーに転身しました、あっこ(@fxakko717)です。

 

LINE@ご登録いただいている皆さん、ありがとうございます!

メッセージも届いていて、皆さんからの応援とても力になっています。

 

今回もいただいた質問にお答えしていきたいと思います。

 

 

Tさん

いつもブログ拝見しております。

fxでは、まだデモしかしていないのですが、デモでも、もみ合いに耐えられず、少しでも含み損になると、設定した損切り値を無視して、手動で動かし、損切ビンボーとなっていたり、ポジポジ病だったり。もみ合いに耐えられず、利小で決済してしまいます。

あっこさんのブログで、コツコツ頑張っているのを拝見して、見習いながら、頑張っていきたいと思っています。応援しています、頑張ってください。

あっこ

Tさん、応援メッセージありがとうございます♡とっても励みになります!!今後もブログ、トレード頑張りますね。

さて、質問ですが、1つ1つのトレードにとってもドキドキしちゃっているのかなぁと思いました。どうしてドキドキしちゃうのかなって考えると、トレードに自信がないですよね?このルールでエントリーし続ければ必ず利が残るっていうのが見えていないのかなと思います。例えば定期預金にお金を入れてドキドキする人っていないですよね?w減らないのがわかっているからドキドキしないんです^^トレードでも出来るだけドキドキしないように、トレードの捉え方、考え方お伝えしますね!

 

スポンサードリンク



トレードにドキドキしてしまうあなたへ

ルール(手法)を持つ

まず、しっかりルール(手法)を持ってください。これがないといつまでたっても、ドキドキ、ギャンブルトレードから抜け出せません。

それから、判断に迷ったり、エントリーに迷ったりするのはルールを決め切れていないからです。詰めが甘いです。迷いが生じないくらい詳細に1つ1つ丁寧に決めてください。

 

ルール(手法)の優位性を確認する

過去検証でルール(手法)の優位性を確認してください。ルール(手法)さえ守り抜けばトータルで利が残るという事をまずは過去検証で自分に証明してください。

 

トレードパフォーマンスを把握する

週に何回くらいエントリー出来て、利確が何回、損切が何回。何連続までの損切ならあり得るのか。それを受け入れる覚悟をあらかじめしておく事で、損切が続いた時のメンタルを支える事が出来ます。

 

注文はIFDOCOで固定する

IFDOCO注文とは、新規エントリー約定と同時に利確、損切注文を発注する注文方法です。

これであらかじめ利確と損切を決めてしまってください。決めたら変更しない事!!

 

DMMFXでは成行注文の場合は、損切注文しか入りません。

後からOCOを設定する必要があります。ちょっと面倒。

しかし、このちょっと面倒が初心者さんや、ルールを守れず、、、というタイプの方には逆にいいのです。

DMMFXでのOCOの使い方はこちらを参考にしてください。

 

 

 

最後に Tさんの場合

デモでもドキドキしてしまう、Tさんはとても慎重な性格の方ですね!

今は少し裏目に出てしまっていますが、その性格を活かしたトレードをすることで、確実に利益を積み上げていけるトレーダーになれると思います。

ドキドキしてしまう自分のメンタルを支えてくれるデータをしっかり持ってください。データに背中を押してもらい、データに支えてもらってください。

 

私も、データがなければトレードなんてできません。ましてやLotを上げ続ける事なんて絶対に出来ません。

恐くないわけがないんですよ。

100円の上下だった世界が、10000円の上下に変わりました。

データに背中を押してもらい、データに支えてもらいながら進んでいるんです。

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク