【必見】相場の変化についていくために私が検証したことを教えてあげるわよ!

トレード記録

収益記録

2017年合計  +715,015円
2018年合計    +1371,231円

スポンサードリンク



普通の専業主婦からFXトレーダーに転身しました、あっこ(@fxakko717)です。

今回もいただいた質問について、お答えしていきたいと思います。

 

Hさん
あっこさん、先日のセミナーでは貴重な場をありがとうございました。
あっこ
Hさん、先日のセミナーお越しいただきありがとうございました。お会いできて嬉しかったです。
Hさん
ボラがない時にあっこさんが手法を組み替えたという文面が気になっています。もっと深く検証したということですか?
あっこ
そうですね。一言でいうと、より深く検証したとなります。

具体的にどういう事か少しお話させていただきますね。

 

スポンサードリンク



 

相場の変化と手法の変化

3年前の相場環境

私がトレードを学び始めた3年前は、ボラのあるトレンド相場でした。

トレンドフォロータイプの私には強い追い風。

 

当時損切-7pipsに対して、50pips、70pips当たり前に利確できる相場。

勝率が悪くてもトータルで利益を残すことが容易にできました。

 

お恥ずかしい話ですが、多少甘いエントリーをしても助かりました。

もちろん、低いロットから始めたので、今よりも気軽にエントリーができました。

それで利益になっていたので、それでいいと思ってトレードしていました。

 

現在の相場環境

現在の相場はボラがありません。

値幅が取れないので、勝率が低い今までのやり方ではトータルで勝つことが難しくなってしまいました。

また、ロットを上げようと思ったら、勝率3割で戦っていたら、メンタルが苦しい。

仮にトータルプラスになっていたとしても、そこには強い恐怖心しか残らなかったんです。

 

この経験から、私はこのような記事も書きました。

 

同じやり方でトレードしていくのが苦しくなったので、基本的なルール(私の場合はボリンジャーバンドに順張り)に変更はありませんが、より相場の本質をとらえるようなやり方にしていこうと深く検証しました。

具体的には、”とりたい流れ”をチャートで見つけて、そこでエントリーし続けるにはどういうトレードルールにしたらいいか探したこと。

同じパターンのチャートを集めて、同じパターンで利確だったチャート、損切だったチャートを見比べて、損切だったチャートを見送るにはどうしたらいいか、新しい条件をルールに付け加えるということをやりました。

 

悩みは全部検証課題

 

悩んだら全部検証課題です。

何で悩んだのか、どう判断したら勝率があがるのか。

全部過去チャートを引っ張ってきて検証します。

私のトレードルールは、3年前に比べて、条件付けを多くして、エントリーをかなり絞りこみました。

その代わりドル円のみで、勝負していたところを、監視通貨3通貨に増やしてチャンスを増やしています。

 

”今日悩んだことで明日悩まない”

これを自分の中で課題にして検証に取り組むようにしています。

 

あっこ
Hさん、今回はメッセージありがとうございました。

 

スポンサードリンク